真弓 定夫  ダイアン・モントーヤ
   

『つながる いのち パート2』

――女性インディアンと語る 子供の健康と暮らしの基本

人間家族・増刊号


真弓 定夫  ダイアン・モントーヤ
   
『つながる いのち パート2』
    ――女性インディアンと語る 子供の健康と暮らしの基本

 【目 次】

第1章  子供の生きる力             P5

第2章  お母さんたち現場からの声に答えて  P23

      子供が自分で治す時         P24

     元気で機嫌の良い子を        P29

     植物と子供と私たち          P34

第3章  自然な生き方を取り戻す       P39

付 録  質問コーナー            P55


【真弓 定夫 略歴】

 1931年・東京生まれ。東京医科歯科大学卒業後、同大学病院小児科学研究室入局。田無市・佐々総合病院勤務を経て、1974年武蔵野市に真弓小児科医院を開設。経済成長と核家族化による、見失われてきた本来の自然流育児、健康を精力的に実践提唱されている。ご自身でチェロを演奏する、音楽愛好家でもある。

 真弓小児科医院 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-3 吉祥寺医療ビル2F Tel.042-221-3870

【主な著書】

『つながるいのち』(→こちら) スタジオ・リーフ(1991年)
『自然流育児のすすめ』 地湧社(1987年)
『お母さん! アトピーから赤ちゃんを守ってあげて』 合同出版(1988年)
『自然流生活のすすめ』 地湧社(1989年)
『医者の門をたたく前に』 芽ばえ社(1989年)
『アレルギー・小児成人病にならないための子育ての知恵』 エイデル研究所(1991年)
『飽食日本の子どもが危ない』 廣済堂出版(1992年)
『「超」寿の条件』 NECクリエイティブ(1994年) ほか

【ダイアン・モントーヤ 略歴】

 1953年生まれ。ホピ、モハーベの血を引くネイティブ・アメリカン。それぞれの文化に詳しく、またラコタのメディスンマン、故ロバート・スティード(→こちら)氏の高弟の一人だったので、ラコタの精神文化の知識も持つ。フェミニズム、スピリチュアリズム。家族というテーマについて詳しい。これからのアメリカにおけるインディアン運動や、海外との連携で重要な位置にいる。故ロバート氏と共に1990年6月に一度来日している。現在ニューカレッジ・オブ・カリフォルニア大学大学院に在籍中、研究課題はフェミニスト心理学。またIITC評議員も務める(IITC=インターナショナル・インディアン・トゥリーティー・カウンシル=国際インディアン協定協会:インディアンの各種団体の中で、唯一国連にNGOとして認可され、発言力のある団体。AIM(=アメリカン・インディアン・ムーブメント:デニス・バンクス創設)を母体に作られた)。
 カリフォルニア州バークレイ在住。




  1994年11月初版発行 03年5月現在14刷(1万部突破!)
  編集発行:大築準  製作印刷:大築佳子  表紙絵:宇賀地洋子
  通訳:坂口典和 角井まり子 テープ起こし:秋葉純子
  本体価格500円(多部数割り引きあり) ISBN4-915963-13-6 C0077


スタジオ・リーフ/「人間家族」編集室 E-mail ningenkz@mail.wbs.ne.jp
 TEL.0558-62-4533  FAX.0558-62-4534
 〒415-0321 静岡県賀茂郡南伊豆町毛倉野636-3
通信販売/ほんコミ社・地方小出版流通センター 取り扱い

〒415-0321 静岡県賀茂郡南伊豆町毛倉野636-3 TEL.0558-62-4533 FAX.0558-62-4534
Copyright(c) 2003- Studio Reaf . All Right Reserved.